無垢材家具を選ぶときにはここをチェック

無垢材は高価でありながらも、手入れをしながら使い込むことでそれぞれの木の特徴が現れ、独特の味が出ます。一枚板ともいわれ、繋いだりなにかを貼ったりしていない材木です。無垢の家具を選ぶとき、基本は好みの色で選ぶことが失敗しない方法でしょう。家具は毎日目や手で触れる存在です。特に食卓のテーブルなどでは、部屋の家具の色調や雰囲気とあわせることがおすすめします。無垢材の種類によって、色合いはずい分と多様になります。パインは明るい白の柔らかい色で節が少なく素朴な印象になり、ウォールナットは濃い茶色で縮杢といわれる木目が特徴になります。オークの無垢は白または赤味をおびていて、所々に虎斑と呼ばれるまだらの木目があります。チェリーは薄い茶色で、使い込むことで味が出易い無垢材です。

無垢材の硬さによって選ぶことも

無垢材は針葉樹と広葉樹によって、触った感触や質感が異なります。針葉樹は手触りが柔らかく、優しい質感を持っています。木目が広葉樹よりも細かく詰まっていないことで、個性的な模様がはっきりと現れます。無垢の表面がやわらかく、毎日触れることで自然な優しさを感じられます。反対に広葉樹は細かい木目が特徴となります。そのため表面が硬く、キズに強いのが特徴です。ただ木目が詰まっている分重いので、家具の位置を変える場合には工夫が必要となります。テーブルなどの天板を無垢材にする場合も、重さがでるので脚がしっかりした物にしなくてはなりません。デザインのバリエーションは意外に多く、鉄と無垢の相性は抜群なので、スチールの脚にすればスマートでモダンな印象にすることも可能です。

無垢材の持つ特徴で選ぶポイント

無垢材にはたくさんの種類があり、それぞれの木の持つ特徴があります。上記にも一部記載しましたが、他にも国産材から海外のものまで、色や木目の出方など様々です。杉材は木目が強く、表面が柔らかいので傷が付きやすくなります。アルダーは反りや縮みが少ない木材で、暗すぎず明るすぎない赤味がかった茶色になります。メープルはなめらかでやや黄色がかった白い木肌で、清潔感と軽やかさを感じさせます。見た目と裏腹にとても堅固で重く、耐久性にも優れています。ホワイトアッシュはオーク・マホガニー・ウォールナットと並ぶ銘木で、清潔感のある白系の色合いはコーディネイトもしやすく、空間を広く見せる効果もあります。その材質は強さとしなやかさを兼ね備え、珠杢や縮杢と呼ばれる美しい木目を持つ良材でもあります。