今話題の無垢材家具って知っていますか

家具に使われている材質の中でも、最も人気があるのが優しい風合いの木材といえます。木材といってもその種類は豊富であり、集成材や化粧板そして樹脂化粧合板等があげられます。これらはそれぞれ木材を継ぎ合わせたり表面加工するなどして、家具へと利用されます。その他にも種類があり、それが近年話題となっている無垢材使用の家具なのです。無垢材とは自然に生えている木を伐採してカットし、切ったり継いだりすることなくそのまま製材したものをいいます。非常に丈夫である他に、長く使用する事で色に深い味わいが出たりと他の木材では楽しめない魅力にあふれています。そして最近の無垢材家具は、どんな雰囲気のお部屋にも比較的合わせやすい上工夫を凝らしたデザインの商品も多く選択肢も広がっており、それも人気の秘密といえます。

無垢材の家具だけが持つ独特の魅力とは

家具を購入する時は、せっかくですから長年愛用できる商品を選びたいものです。そんな方に現在人気なのが、無垢材使用の商品といえます。無垢材を具体的に説明すると、伐採した木をカッティングしてそのままの形で製造予定の家具に合わせた製材工程を経たものの事です。ですからいろいろな加工を施した木材に比べて、耐久性が高く長期に亘って使えるのが特徴です。また、年輪や木の節など自然ならではの木の風合いを楽しめるメリットもあります。そして無垢材の家具は自然の木材そのままですから、使い込むほど味わいが増し、世界に一つしかない独特の風合いが生まれます。それは大量生産された家具では決して味わえないといえるのです。そういった理由から最近では家具を購入する際に、無垢材を選択する人が増えており、テーブルやいす、そしてチェストなどをオーダーメイドで製作する業者にも
人気が集まっているのです。

無垢材の家具に使用される木の種類と選び方

家具に使用される無垢材の原木には、いろいろな種類があります。
広葉樹であればブナやオーク、そしてカエデなどがよく使用され、これらは硬くて強度が高いという特徴があります。ですからテーブルや椅子などによく加工されるのです。そして針葉樹ではヒノキやスギ、そしてパインが使用される事が多く柔らかく肌触りが良いという特徴を持ちます。色も淡く、優しい風合いとなっています。こちらは本棚やベッド、さらには床材やお風呂などによく加工されています。このようにひと言で無垢材の家具といっても、使用される素材は多岐にわたります。そして使い勝手や強度は、加工工程や業者によって大きく左右されます。ですから無垢材の家具を購入する際にはネットを利用していろいろなショップの商品を比較したり、知識や情報を仕入れるなどして、慎重に検討する事が必要です。

原木の買い付けから製造、販売と全て自社で行う企業だからこそ可能な工場直営での価格設定 お好みにより色合いだけではなく、質感をも選んで頂けるのが無垢材の良さでもあります 遠方のお客様にも様々な実例やツールを通して、安心して家具選びができるようスタッフが対応させて頂きます 無垢の木材が発するフィトンチットは心身をリフレッシュさせ、抗菌、防虫、消臭などの効果をもたらします 無垢の家具を揃えるならデザイン豊富な家具蔵へ